普段は関わることのない葬儀については、わからないことばかりだと思います。不必要に高額な葬儀を提案された、次から次へとオプションが追加されて結局高額になってしまったなど、葬儀料金に関するトラブルがよく聞かれる理由は、その辺りにあるようです。2017年に調査されたデータでは、葬儀費用の全国平均は195万円、相模原の場合は神奈川県で186万円となっています。落ち着いて対応することが大切とはいえ、実際に葬儀を行う時には、バタバタしていて冷静に考えている余裕がないことがほとんどです。葬儀社によってサービスも価格も様々で、落ち着いてお別れする余裕がないこともあるでしょう。昨今話題になっている終活では、こういった内容に関する知識を蓄え、準備することも重視されています。適正な価格で葬儀を行うために、そして最後の時をお別れに集中して過ごすために、まずは情報を集めましょう。 

葬儀費用の内訳について説明します

先ほどご紹介した全国平均の葬儀費用の内訳は、葬儀一式にかかる費用として121万円、飲食にかかる費用が30万円、寺院費として47万円とされています。この内、葬儀一式にかかる費用には、人件費や必要な物品、返礼品が含まれます。祭壇の有無などの葬儀の内容によっては大幅に抑えることが可能です。また、飲食にかかる費用は会葬者に振る舞うものなので、家族葬のような少人数での葬儀の場合はそれほどかかりません。料理の内容によっても変わります。相模原では、国民健康保険に加入している方が亡くなられた時、葬祭を行った方が申請すれば5万円葬祭費として支給されます。ただし、交通トラブルなどで亡くなった際は損害保険から支給され、市からの埋葬費は支給されない場合もあります。また、亡くなったのが、後期高齢者が対象の医療制度に加入している方の場合は、役所への問い合わせが必要です。

納得のいく葬儀を行うために大切なこと

相模原で納得のいく葬儀を行なうためには、ご自身で希望する葬儀の内容や規模などを把握して、葬儀社に相談してみる、口コミなど見ておくなど、万一に備えて事前準備をしておくことが大切です。亡くなるその日までにやりたいこと、遺された人に伝えたいことなど、じっくり相談できる担当者がいる葬儀社なら安心です。葬儀場の種類が豊富な葬儀社もあるので、施設の見学会や相談会、勉強会などを活用するのもお勧めです。葬儀社によっては、早割を実施していたり、終活用のノートを貰えたりする業者もあります。葬儀に特化している保険サービスに加入するのもよいでしょう。また、プランの中身をよく確認しておくことが、後々の追加費用で困らないためのコツです。お盆やお彼岸、一周忌など、アフターフォローも充実している葬儀社に依頼すれば、安心も長く続きます。もしもの時に慌てずにお別れに集中できるように準備をしておきましょう。