少子化や核家族化の影響もあり、相模原で行われる葬儀は、家族葬が増えています。他の地域に比べると相模原市の斎場は非常に少なく混雑するため、出棺後は式場を次の利用者に明け渡さなければいけないことが多くなります。出棺の後、火葬、納骨そして式場に戻って食事という流れが一般的ですが、相模原市では火葬中に控室で食事、納骨後に解散という流れが一般的です。また相模原の葬儀の特徴として、通夜の席で参列者や僧侶に食事を振る舞う、通夜振る舞という習慣があります。料理やお酒などを口に入れることで故人の供養になると信じられているため、長い時間をかけて過去を語りあい、故人を思います。相模原市は70万人を超える大都市になりましたが、関東の田舎としての一面もあるため、町内会などで料理を作り参列者に振る舞うといった、近隣で葬儀の際に助け合う昔からの習慣も残っています。

相模原で葬儀を行ううえでの注意点

相模原市は山間部から都市部までありますが、首都圏に通勤する人も多く、葬儀への会葬者も近隣や遠方から来る場合があります。また幹線道路沿いに民営斎場がありますが、場合によっては費用が高額になったりすることも少なくありません。また、相模原市には大病院も多いですが、病院で亡くなった場合は出入り業者や互助会にすぐに搬送を依頼してしまうこともあり、十分に検討せず葬儀社を選んで後々に高額な料金でトラブルになるケースも少なくありません。相模原市での葬儀社選びは、まず公営斎場である相模原市営斎場を先に検討し、だめな場合は総合的に相談できる葬儀社を選ぶことが重要です。相模原市の葬儀は種類だけでなく、火葬場への移動や会葬者により費用も大きく変わります。従って葬儀社選びのポイントは、地域特性や誠実さを見極める必要があります。

葬儀社を選ぶ際の具体的なポイントは

地域特性や誠実さを見極めるためには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。やはり費用に大きな違いが出てくるので、料金が本当に透明か重要です。火葬場までの移動や、斎場までの交通の便などを細かなところまでプランに含まれているかを確認しましょう。一見安そうにでも、よく見ると寝台車や霊柩車費用が含まれていなかったり、花や料理が含まれていなかったりする場合もあるので、複数の葬儀社でプランの内容までよく比較することが大事です。一部の葬儀社では、高い式場使用料を事後に請求したり、自社の斎場で違法な建設や改装を行ったりするところもありますので気を付けましょう。相模原の葬儀では独特の地域性もあるので、スタッフの対応が丁寧なだけでなく、相模原での経験も豊富であることが望ましいです。口コミ等も参考にしながら検討すると良いでしょう。